火の見やぐら

川辺堀之内城館跡

ゴルフ練習所

一括見積り
川辺堀之内城館跡
を訪ねる
トップへ 次へ>>

日野市内の台地の一角が森で覆われ、特徴ある姿が、遠目から見える。その台地の部分がなんと城館であったと
言われる、その痕跡が残されいると言う報告がされている。

市内でも里の風情を残す「川辺堀之内」であるが、折しも輸送ルートの一つとして国道日野バイパス道路誕生を控え、
周辺に建設造機が入り、道路建設に自然の風情を含め大きく変わりつつある。
そんな環境変化を前に、僅かに残される、姿を捉え、一方ではここで残される歴史ロマンを求め、その痕跡を追って
みた。

<写真上の城館は>

川辺堀之内城館跡の南方から、その全体像を撮ったものである。周辺はのどかな耕作地で高層建造物も少なく、見通
しがきく位置にある。正面の台地の上に竹林と欅の大木が残り、森を形成している姿が一望できる。
その右手には台地が続き、巨大なネットが張られたゴルフ練習場であるが、城館の縄張りがこの周辺に及んでいた。
台地の左手の森の部分は此処で農業を営み、代々住んでいたが、ごく最近(2018年)になって屋敷は根こそぎ取り払
われ、てしまった。屋敷を覆っていた竹林も切り落とされ、バイパスが貫通する。
その小道は耕作地の縁を這うように曲がりくねり、火の見やぐらの下を潜り、城館の南端に辿りつく。