新選組を支える高幡不動
一括見積り
高幡不動は国指定の重要文化財を多数保有し、古来関東三不動の一つとして親しまれ境内は参拝客で人並み絶え
ることなく、賑わいを見せている。
平安初期、1100年余年前に山中に不動堂を設置建立が開基と言われるが、康永(こうえい)元年(1342)(現在の不動
堂に継ぐ室町時代の仁王門は関東まれに見る古文化財と言われている。
一方では新選組副長土方歳三の生家は高幡山の檀家総代の旧家である。歳三の姉が嫁いだ日野宿名主佐藤家は
高幡山の有力な信徒である。
そんな背景から高幡不動尊金剛寺(以下、高幡不動)は新選組とも深い関わりを持っている。その繋がりから生まれた
もの、残されたものなど、高幡不動に残され、支えている新選組に付いて、紹介したい。
高幡不動仁王門
トップヘ 次へ>>