松本、松代、小布施、須坂の旅
松代城跡
高井鴻山記念館
善光寺
松代藩文武学校
旧開智学校
松本城
松代
トップへ  次へ>> 

信州は現在の長野県であり、その中核をなす松本は県庁所在地である。城下町であるが再開発され、中心部は近
代的な町並みであり、歴史史跡では松本城と旧開智学校位がある。此処を起点に長野自動車道で北下し、城下町
の松代に向かう。松代は真田家の旧跡を確かめ、温泉に浸り旅の疲れを流し、宿泊する。翌日、気分さっぱりと長野
の善光寺でお参りし、小布施、須坂の町並みと歴史遺産を見学し、信州を駆けめぐり、再び中央道で東下するバス旅
であった。
折りしも大河ドラマ軍神黒田勘兵衛の戦国ロマンや幕末期に変革を志、幕府に追われる志士が訪れた高井鴻山記念
館などわくわくする場所など興味が尽きない。
時代は戦国から、明治期まで濃密な舞台が揃う、信州旅は下諏訪、上田などは回ったが、それに繋げたかった。
10月も終わりかかる秋真っ盛りの信州旅であったが、平日ともあって、観光地は閑散で、じっくり見学が出来た一方で
は地方の過疎の姿も見るようであった。地図をベースに見学した場所を整理した。