幕末史を追う某研究会から新選組をテーマに講演を頼まれてしまった。
しかも、講演場所は花のお江戸の上野文化会館の会議室である。
東京の外れ、多摩地域のお上りさんが花の都での語りなんて、とっても重く場違いである。
会は研究の名前が付くぐらいに鋭い洞察力を背景に徹底的に調べ上げ、発表される論客の集団である。
参加される方には日頃の研究テーマの講演はもとより、書籍まで出版される学者、研究者までおられる。
こうした中で講演を依頼されるのは大変光栄ではあるが、多少新選組絡みの史跡に身を置き、興味本
位から身につけたじじいの話では論外であろうと思いつつ、うかつにも引き受けてしまった。
トップヘ 次へ>>

学校の教室の様な部屋で、聴取側は大きな机と椅子が用意されている。講演側は講演用の台を中心には
ホワイトボードが左右に用意されてあった。
参加はふりー、何人集まるかは出たとこ勝負である。過去の事例から25名程で資料を準備したが、講演開
始前に30数名におよび、資料不足となり、講演後送付することになった。
予期以上の参加者はひとえに新選組に対する、熱い気持ちなのだろうかと思えた。

上野文化会館は東西の有名なアーチストや楽団の演奏会場として名にし負う披露の場所でもある。
その会館と同じ建屋の4階に数室の会議室があり、その一つが講演場所であった。
ガラス越しの1階の華やいだ雰囲気のホールから、専用口で厳しいガードマンの監視の中、4階まで上がると
関係者だけが集まる、静粛な雰囲気での環境に一変する。

「多摩と周辺地域での新選組」