1)幕府崩壊から新政府への流れ
 徳川300年の氷が解ける、春3月高輪の薩摩藩邸で西郷と勝海舟と会見し、4月江戸の無血開城が行われる。
慶応から明治と改元し、江戸は東京と改称され天皇を敵地に迎え、徳川幕府の拠点を一掃した。菊は栄え、葵は
枯れる激流の歴史の中で旧江戸市民は江戸っ子の反骨で薩長色の濃い新しい支配者を迎い入れざるを得なかった。
明治2年(1869)東京還都、幕府軍最期の砦函館五稜郭も陥落、太政官政府は全国を平定し、日本が誕生し、国際的
にも地位を確立した。
明治天皇中央道行幸随行者
2)順風満帆でなかった近代化路線
明治維新の推進役として木戸、大久保、西郷の三傑と言われるが、路線の違いから、西郷は下野し、西南戦争で
戦死する。近代化路線の推進役である大久保も紀尾井坂で不平士族に惨殺され、併せて木戸もこの時期亡くなり
三傑を失い、新政府の権威は失墜、近代化路線も揺らぐ。
明治11年には西南戦争で活躍しながら、給与の削減と言う仕打ちに近衛兵の一部約200名が反乱を起こす「竹橋
事件」が発生する。反乱は失敗し、首謀者数名は処刑された。、
明治政府が近代化路線を歩む矢先、牽引役の逸材を失い、皇居を守るべく足元までが揺らぐ大事件が発生した。

京都行き中央道随行者は300~400人と言われ、伏見宮貞愛(さだなる)親王以下、国を担う要人が随行している。
随行者はそれぞれ幕末から、巡行以降に歴史を動かす事件に深く関わっており、時代を賑わす人物として、時代史に
触れる機会も多い。こうした歴史的人物が身近な所に来ていることに大変、驚く。
巡行とは別の視点で、彼らの関わった歴史事実を追ってみた。
トップへ 次へ>> 
3)揺らぐ国情に明治国家の勢威を国民に誇示
 そんな事件や揺らぐ体勢に、新政府は明治国家の足元を固め、勢威を誇示し、明治国家不動の方針を全国民に
伝えるため巡幸と言う手段で具体化した。
明治天皇の全国巡幸は国家権力の源泉たる天皇を超越的な精神的権威として擁立するために、天子信仰の人民
への定着を意図したものと言われている。(天子とは天命を受けて人民を治める者・・・広辞苑から)
巡行は明治5年(1872)近畿・中国・九州から明治18年(1885)山陽道まで、精力的に行われた。
4)中央道巡行
明治13年(1880)6月中央道巡行が行われた。
天皇は馬車で来場。利用できない所は興に担がれ巡幸した。

□随行者を追う

□明治天皇京都行幸