八王子史跡巡り
新選組は土方歳三・井上源三郎の誕生した日野市で、毎年祭りまで行われ、新選組ふるさととして、しっかり根を降ろし、新選組
フアンの熱い目が注がれている。しかし、新選組は、日野市だけにに留まらず、武州多摩地域にあたる周辺の地域には近藤勇
他多くの出身者が参加している。
日野市に隣接する八王子市は日野より遥か面積が広く、此処から生まれ散っていった隊士達が多数いる。
一方では浪士組としてテロリストで荒れる京の街に、見回り組として、活躍した背景は、彼等の剣術であった。その剣術は天然
理心流で、一躍その名を広めたのは新選組である。開祖は薬研堀であるが、出稽古により門弟を増やした実質的な拠点は此処
八王子の戸吹からである。

新選組の縁の地としてフアンなら一度は訪れたい場所であり、地図で描いて見たが、東西に広い八王子市内に散在しており、その
殆どが路線バスで、不確定な運行を繋ぎ合わせて、1日で廻ることは大変難しい。
そんな折に某会から、時間限定で巡回する企画を立て、一緒に廻る賛同者を募ってみたいという提案があり、道案内役を仰せつか
り、この企画を進めることになった。
不特定な交通要路、渋滞覚悟でこの要所を廻り切れるのであろうか、コース設定と時間の設定の問題。激しい交通要路に一時駐
車場所の問題など、プロのドライバーに預けるしかなかった。
案内役としてはおぼつかない、微かな記憶を頼りに、広大な場所に墓石や碑など間違いなく案内することが、大事な役割である。墓
地と言っても幾多もあり、大規模開発で気が遠くなるような膨大な墓域に有るもの。一般の墓石と雑然と並べられ、風化が進み、僅
かな表記を頼りにあるものなど、その場で僅かな実証を頼りに、探し当てるのが、「墓マイラー」であろうと、勝手に、名付けている。
思いつくがママに行き、結局、探し当てられず虚しい結果に終わることも、経験するが、個人で行く場合に許される、「墓マイラー」
である。しかし、今回は案内人であることから背中には何十人の参加された方の期待感を背負っており、失敗は許せない。道中、
目的にたどり着くまでの一歩一歩が緊張の世界でもあった。
不確定な要路を安全にスムースに運んで頂いたドライバーさんに熱く感謝申し上げる。
重い旅立ち
コース
地図にもある通り、高幡不動を出発点に広い八王子市内を廻りきった。
@桂福寺:天然理心流開祖の近藤内蔵之助、宗家二代目近藤三助の墓
A観栖寺:中島登の生誕地碑と中島家先祖の墓
B千人同心碑:追分
C大法寺:横倉甚五郎の墓
D法井寺:斉藤一諾斎の墓
トップヘ 次へ>>