□「山本満次郎」の世界
武州下原刀の刀匠として世襲し、刀工として一時代を築いたが、時代と共に淘汰されてしまう。
後に、天然理心流の山本道場を開き、多くの門下生を指導した。
その門下生の一人に後の新選組隊士となる中島登も山本道場に通い、武術始め諸作法を習い
身につけていった。
「山本満次郎」とは果たしてどんな人であったのだろうか?
その山本家の原点から以下のフローによって整理した。
トップへ 次へ>>