戦国時代末期に八王子の後北条氏に代々仕えた刀工、山本一族は武州多摩郡下恩方村と横川村に
住んでいた。
幕府に仕える刀鍛冶として、代々引き継がれ『下原刀』として、その名声を高めた。
下表にその流れが表されているが、慶長19年(1614)に幕府に槍1000本を納めた時が下原刀の盛況を究め
苗字帯刀や土地や地租税免除などの身分財産を与えられ分家も生まれた。
その分家筋の山本外気利長の系列に『山本満次郎』に繋がる。
その下原刀として歩む過程で主な出来事は下表の@〜Dで表せられる。
本編では一先ず下原刀を中心に山本満次郎の関係を迫って見よう。
□下原刀匠山本一族
◇◇プロローグ
『中島登』が地元の恩方で、天然理心流の師匠である『山本満次郎』について学び、人格形成され一人の新選組
隊士として『中島登』が羽ばたいていった。
その師たる『山本満次郎』について、どう言う人物であったか?、剣を習った道場など、どんな環境であったか?、
大変興味があり、その姿を追い求めてみた。
幸いにして開発の手から免れ、自然が残される、下恩方に何度か通いつめ、生家跡や菩提寺があり、当時の雰囲気
を確かめることができた。
前編を山本家が世襲した下原刀を中心に展開し、後編は中島登など多くの門下生を輩出した、山本道場を中心に
『山本満次郎』の生涯を追ってみた。
トップヘ 次へ>>
幕府に評価され幕府が大量購入した「下原刀(槍)」
幕府に仕える刀鍛冶となり、「下原刀」の名声を世に広めた。