<延命寺首切り地蔵>
小塚原刑場は磔(はりつけ)、獄門、火罪、斬罪などを行う場所で間口60間余、(108m)奥行き30間余(54m)およそ2000坪
あり、その一角に刑死者の菩提を弔う、「延命寺首切り地蔵」(延命地蔵)である。寛保元年(1741年)に高さ1丈2尺(約4.5m)
の石の地蔵が建立され、風雨に晒されながら血なまぐさい歴史を語りかけている。現在鉄道線路が近くを通るが、かっては
荒原だったと言われ、此処に20万余の怨念と血と涙を吸い取ったと言われている。
国電南千住駅を南に行き、奥州・陸羽街道(コツ通り)に出て、正面に小塚原回向院がある。
延命地蔵尊は回向院にあったがJRの鉄道線路の施設により移動した。昭和50年延命地蔵尊の名にちなみ回向院から分離
独立して延命寺として開山した。
山田 浅右衛門は、江戸時代に刀剣の試し斬り役「御様御用(おためしごよう)を務めた山田家当主の代々名乗った名である。
死刑執行人も兼ねていることから「首切り浅右衛門」「人斬り浅右衛門」とも呼ばれた。
幕末から明治にかけて、代々続いた、浅右衛門について調べて見た。
江戸の牢獄の一つ小伝馬町にある獄舎。大安楽寺境内の当時の死刑場といわれている場所である。供養のために建てら
れた「延命地蔵尊」である。取り分け有名な「安政の大獄」で吉田松陰、鈴木三樹三郎など 50余人を獄に下し、その殆どを
刑殺した。現在の村雲別院、十恩小学校(廃校)、十恩公園を含む一帯の地が伝馬町牢屋敷跡である。当時は土塀を廻し堀
をめぐらし敷地総面積2、618坪 であった。
<大安楽寺境内延命地蔵尊>
◇山田 浅右衛門に関わる地蔵
■山田 浅右衛門(やまだ あさえもん)
山田 浅右衛門が手をかけた代表的な刑場・獄舎にはそれぞれ地蔵が立ち、弔っている。
トップヘ 次へ>>