相模湾に接し、迫り出した三浦半島は向かいの房総半島と挟むような位置にあり、江戸に行き交う船の要路の
玄関番のような役割を担っている。この三浦半島の南東端に位置する海岸線は粗削りな岸壁を背景にに幾つ
かの歴史遺跡が残されている。その代表的な場所を辿ってみる。

三浦半島の海岸線を行く

◇江戸と外洋を結ぶ大事な要路

トップへ  次へ>> 

三浦半島の南東岸から海を隔てて対岸の房総半島が薄らと、陽炎のように見える。殆ど波も無く、航跡を
残しながらのんびりと行き交う船舶の姿を追ってしまい、しばし時の経つのを忘れる空間である。
石油タンカー、貨物船、星を散りばめるように夥しい数の大小の船舶、江戸(東京)を外洋を結ぶ大事な物流
の要路として活躍している。