北国街道は中山道追分宿を起点として小諸、上田、善光寺を経て越後まで続いた街道で、佐渡の金を江戸まで輸送していた"金の道"
とも言われていた。その北国街道の宿場町の一つが海野宿である。海野宿は国道18号が街道から外れて開通しており、信越本線の
最寄り駅から離れていることもあって、開発から免れ、奇跡的に江戸時代の町並みがそっくり残されている。
国の重要伝統的構造物群保存地区に指定されると共に日本の道100選にも選ばれ、街ぐるみ江戸文化を確かめられる場所の一つとして
訪れたい場所の一つであった。
その海野宿は小諸から国道18号を長野方面に向かった先にあり、小諸城祉を廻った後に足を延ばした。
北国街道「海野宿」
トップヘ 次へ>>