寛永寺特別参拝
天彰院篤姫の生涯は薩摩藩の島津家から江戸城の大奥へ幕末騒乱から維新を生き抜いた御台所の世界を
2008年の大河ドラマで紹介された。
特別な世界として、余り関心がなかった大奥や、遥か遠い薩摩の世界や、天彰院篤姫の存在に深く、心に響き、
印象的であった。時の経過と共に、熱くなったブームも、覚めてはきたが、当時から、天彰院の霊廟に御参りし
ドラマの結末を付けたかった。
その面影でもと思い、上野の寛永寺に足を運んだが霊廟は厚く、高い石壁に閉ざされ、門の外側から、森の中
にあの辺にあるだろうとする、想像の世界しかなかった。特別参拝の機会もあったようであるが、ごく限られた
開催日に、見学希望者が殺到し、塀の向こう側は全く高嶺の花に、半ば諦めていた。
今回、東日本大震災の支援という形で、特別参拝の機会が生れ、ドラマ以来6年振りの2013年11月に参拝する
ことが出来た。
お寺に訪れた時に本尊にご挨拶がお経であり、仏さんへお願いすることが礼儀である。仏さんは何時も見て頂き、助
けてくれる。give and take はお互いさまと言う心がけで、仏さんに願い事することによって、仏さん自信の功徳から、
よりよい仏さんになれる。
家内安全とか諸々のお願いをしている、お香の煙を炊くということは仏さんに対する手土産である。仏さんにはお住職
にお願いする時は袈裟をつけた正装して仏さんにお会いする。
堂内に「ドンドン」と響きわたる太鼓の音に併せて、渡された 「般若心経」の教典で、参加者含め浪々と読み上げ、汚
れきった体が仏さんの前で清められる。
◇give and takeでお願い
特別参拝の集合場所となった、根本中堂前の境内。
トップヘ 次へ>>