江戸日本橋から下諏訪に繋がる甲州街道がある。日本橋を基点に10里(約39q)に日野宿がある。
北に、多摩川、南に浅川が流れ、合流し、西から東へ蛇行しながら流れていく。甲州街道で江戸に向か
うにはこの多摩川が行く手を阻み、川越えが、必要で橋が誕生する近年までは渡船で渡っていた。
多摩川、浅川の川岸は見通しの効いた空間が生れ、丹沢連峰はじめ霊峰富士の眺望が旅人の疲れを
癒し、水利から豊かな恵みを甘受する。一方では暴れ川で、出水被害や渡船転覆など、大きな爪痕を
残している。
現在の多摩地域から都心を結ぶ主要幹線路の国道20号線の源泉となる街道の誕生から 多摩川越え
に橋が生れるまでの重要な足となった渡船と、出水で起きた事件など触れて見たい。
トップへ 次へ>>
多摩川渡船場