1.新選組の足跡(年表)
2.新選組の誕生
3.新選組の性格
4.池田屋事件
5.戊辰戦争勃発
6.旧幕府軍江戸へ撤収
7.甲陽鎮撫隊 の編成による抵抗
8.流山で近藤勇捕縛、板橋で処刑
9.下野戦線展開
10.会津で斉藤一が指揮
11.会津若松の戦い
12.旧幕府軍,蝦夷地へ
13.五稜郭無血入城
14,松前城奪取
15.江差上陸
16.新政府軍反撃開始
17.新政府軍松前城奪還
18.湾岸中央部進撃
19.新政府軍総攻撃
20.歳三の最後.
1.新選組の足跡
1863(文久3年)3月、幕府 将軍警護のために 『浪士組』として、組織化 された集団はその後 『新選組』として
改名、京都 市中を見回り役として、治安維持に当たり、その名は全国に知れ渡る 。
戊辰戦争に代表される戦いで 、新政府軍の台頭と幕府の瓦解と共に 新選組は徐々に崩れてゆく。
1869(明治2年)最後の土方歳三が北の地、北海道で落ちる迄の約6年間の短い期間 で新選組の幕を 閉じる。
徳川幕府から明治新政府に移り変わる、時代の変遷の中に 散っていった若き志士達の代表的な 軌跡を
下表で整理した。
これら歴史変遷は歴史小説などと重複する所もあるが、 背景となる主要な事件や組織としての新選組を
以下で 更に追っ掛けて見た。
お不動さんの境内で
出陣前のごった返す
新選組以下のパレード
部隊。
新選組の足跡
トップへ 次へ>>