麻布・三田界隈の幕末事変を追う
JR浜松町駅から高速道路「都心環状線」沿いに東に向かうと芝公園があり、更に行くと、赤羽橋に出る。
この高速道路の配下に古川が流れ、その川をまたぐように赤羽橋を始め幾つかの橋がかけられている。
その近くに外国人接遇所があり、外国人が住んで居た事から攘夷の名の元に矛先を向けられた 外国人や
幕末時に時代を揺るがす人物の一人であった清河八郎などがこの橋上付近で殺傷された。
その古川沿いから、南に転じると薩摩藩上屋敷がある。国内を内戦状態になってしまう戊辰戦争の引き金
はこの薩摩藩藩邸の炎上となる市街戦であった。それぞれの事件は遠からず関連性を持ち、幕末を激しく
揺り動かす一つの端緒にもなった。
その舞台となった一の橋は地図上の○で囲まれた部分で、その事件を最初に追ってみる。
トップへ 次へ>>
清河八郎襲撃事件