道場名
(場所)
道場主 流派 関係の深い藩 主な剣客
玄武館
(神田お玉ヶ池)
千葉周作 北辰一刀流 水戸藩 ・山南敬助・藤堂平助
・清河八郎・山岡鉄舟・真田範之助
・鉄舟
士学館
(築地浅蜊河岸)
桃井春蔵 鏡新明智流
(きょうしんめいち
りゅう)

(
土佐藩 ・武市半平太・岡田以蔵
・久保田晋蔵
練兵館
(九段俎
(まないた)橋)
斎藤弥九朗 神道無念流 水戸藩・長州藩 ・桂小五郎・品川弥二郎・高杉晋作
・永倉新八(岡田道場、百合本道場)
□幕末江戸三大道場
嘉永6年(1853)黒船によって,突如、浦賀やってきたペリー艦隊によって、日本は長い泰平の眠りから覚めた。
「開国か攘夷か」激しく国論割れる中で、外敵からの危機感から、若者達は熱心に剣の稽古励んだ。
一方では幕府が行っていた武術奨励の風を受けて武術は隆盛の時代を迎える。
このような背景から江戸に幾つかの道場が立ち、江戸の道場に遊学すれば自由に剣術と学問を学ぶことができる。
龍馬のような地方の下級武士の子弟たち武士の子弟だけでなく、治安の悪くなった世情不安の中で徳川の天領地
に事が起きれば護身のために槍、剣を持つ気概を持つ農民や町民の子弟も多数門を叩いた。
◇武術隆盛の時代
剣術大流行の波に乗って、あらゆる流派の剣法が生まれたが、取り分け江戸には以下の三大道場が人気も高く
多くの門弟が集まり、江戸三大道場として「位は桃井、業は千葉、力は斉藤」と言われるまでになった。
◇試衛館道場
一地方道場として、近藤、土方に代表される農民出身が主体をなし、いも剣術とも言われながらも、稽古は実践向けの
天然理心流の剣術が一躍有名となる。
この武術を背景に荒れた京の町で治安維持で新選組として活躍することは知れることである。
小規模ながら新選組隊士を輩出した試衛館道場は手っ取り早く習えて、上達が早い”流派に人気が集まる、道場とは
異質なものと考えられる。
◇歴史の舞台で相まみえる
これらの道場の出身である、剣客達は国論揺れる尊皇・佐幕の幕末の揺れ動く幕末抗争事件の渦となる檜舞台に登場する。
それぞれ高い志に立つも、抗争の中で、相まみえ討ち、討たれ、或いは夷狄討ちに走り、捕らえられ悲憤の中、露の中若くし
て消えていった者も多数居る。
やがて内乱となる鳥羽伏見の戦いでは 近代戦として、刀から銃砲の戦いの中で最早、刀の役割は淘汰されてしまうが、幕引き
を迎えるまでの、華やかな武術として、この三大道場を辿ってみた。
トップへ 次へ>>