「これはすばらしい村です。」
須田画伯が、肝をつぶしたような声をあげた。江戸時代そのままのたたずまいだった。残っている規模が大きく、戸数54
戸が整然とならんでおり、どの家も良く手入れされいて、たったいま会津若松城下から、松平侯の参勤交代の行列が入
ってきてもすこしもおかしくはない。・・・「街道を行く」から
司馬遼太郎ら一行もここを通り、絶賛している「大内宿」である。戊辰戦争では関東から北に移し、新選組「土方歳三」も
此処を通って、会津若松に入った場所だけに一度は行きたかった場所である。
ここ大内宿周辺は5月のGW,8月のお盆休み,秋の紅葉と何時も賑わいを見せている。ちょっぴり寒くなったが、四季を通
じて、今や観光の最高のシーズン。那須塩原でのんびりと温泉でもと、友人6人で出かけたが、宿泊の翌日がネイチャーツ
アでホ.テルから1時間半大内宿へバスで運んでくれた。
国道289に約4.3qの甲子トンネルが出来、気軽に大内宿へ行けるようになった。単なる呑み助の集まりに、歴史史跡を
見えるなんて予想しなかっただけにラッキイであった。
◇晩秋の大内宿へ
◇大内の由来は
平清盛全盛の治承4年(1180)、後白河天皇の第2皇子である「高倉
宮以仁王(もちひとおう)は源頼政のすすめで諸国の源氏と延暦寺の
反平家勢をあてに挙兵したが、頼政は討ち死に高倉宮は行方不明に
なる。伝説によれば宮は都を追われ、20人程の供を連れて、越後国に
住む人物を頼りに落ち延び、大内に立ち寄り、潜行したとも言われてい
る。この里が都の風情に良く似ている所から、それまで山本村と言われ
ていたものを大内村に改められた。
毎年、半夏の日(7月2日)に高倉宮を祭った祭りが行われている。
◇会津〜江戸の重要要路
会津西街道(南山通り、下野街道)は会津若松と今市とを結ぶ約32里
(128q)の街道である。日光街道に通じ、会津〜江戸の最短 ルート
(60余里、246q)として政治・経済的に重要な要路であった。
基点は大町の辻である。豊臣秀吉、伊達政宗、保科正之、吉田松陰
イサベラ・バード(英国旅行家)なども利用している。
会津藩主などが参勤交代を含めてこの街道を利用したのは延宝8年
(1680)までの21回と文政時代(1818〜29)に1回だけである。
天和8年(1683)の地震で日光領戸板山の山崩れで突然、五十里湖が
出現して街道が不通になり、藩の回米や参勤交代は「白河街道」を利用
するようになった。
享保8年(1723)に五十里湖が抜けて会津西街道は回復したが、公用の
宿駅業務に利用されなかったが、五街道の付属の脇往還、脇道として
「下野街道」として利用されるようになった。
◇大内宿の形成
大内は若松へ4里半(16.5q)、田島へ5里(20q)程であり、大内宿は
昼食のための休憩の宿であったようである。
宿としての形成は同じ街道筋にある「川島宿」が承応3年(1654)に出来
た事から、そのころと言われている。
トップヘ 次へ>>
◇江戸時代の五街道とは
幕府は交通網の整備、江戸の防衛などのため、江戸日本橋を起点として、「東海道」「中山道」「日光街道」「奥州街道」
(千住宿から宇都宮間往復)、「甲州街道」の五街道を設置した。
これら五街道を幹線として、しだいに地方都市を結ぶ脇往還も充実した。五街道は道中奉行が管理し、脇往還は各藩や
代官所が管理した。