□.足立新田から流山までの全般の軌跡
新選組は勝沼戦争で破れ、江戸を戻ってくるが、会津行きを巡って、永倉らと意見が会わず離別する。
勝海舟の意向に反し江戸を離れ、松本良順の紹介で武州 足立郡の金子邸で新選組の体制を建て直す。
更に下総流山に移動し、拠点を移し、隊が訓練の留守中の新選組本陣を東山道軍に取り囲まれ大久保
大和こと近藤勇が連行されてしまう。
内藤隼人こと土方が、隊の一部を斉藤一に託し、会津に向かわせる。更に近藤を救出すべく、勝海舟に
面談し救済の手紙を相馬主計に託し、東山道軍へ持って行く、その間救済の望みも僅かにあった。
しかし大久保が流山から板橋本陣に移され、薩摩藩に居た元御陵衛士に大久保の身元が割れ、近藤勇
であることが露見してしまい、投獄され、尋問を受け、数日後、斬首される。
その間、流山は僅か数日であるが、近藤勇、最後の別れを此処で迎える。
武州足立郡の五兵衛新田から、流山に向かった新選組の軌跡は以下に示される。
その軌跡をイメージしながら綾瀬の五兵衛新田から流山に足運び、町並みから、歴史の息づきを辿ってみた。
トップヘ 次へ>>
敗色濃い江戸を離れ、再起を誓い
新選組の行動記録
◇凡例
以下、新選組に関わる行動記録は枠内で記述する。枠外は関連説明、見た感想など補足事項。
以下、江戸から足立新田までを、前半編、流山での奮戦を後半編に分け、纏めてみた。
江戸から足立新田「金子邸」