日野宿本陣
甲州道中の日野宿は江戸日本橋から第3番目の宿場で本来は日野本郷と呼ばれ幕府代官の直轄支
配下であった。日野宿には日野本郷の名主と日野宿問屋を兼帯して世襲した2軒の佐藤家屋敷があった。
西側の佐藤隼人家(七左衛門とも襲名、上佐藤と通称)と東側の佐藤彦右衛門(下佐藤と通称)がそれぞれ
本陣、脇本陣の幕府役人用旅館を勤めたが、実際には休憩用宿場と使われた 。
参勤交替で通過する大名は高島藩諏訪氏、高遠藩内藤氏、飯田藩脇坂氏(のち堀氏)の3藩に限られた。
上佐藤家は新しく家は建て替えられ、残されているのは、下佐藤家のみである。
彦五郎は天然理心流「近藤周助」に入門し剣術修業を始めた。
彦五郎入門により、日野および周辺農村から天然理心流に入門
する者が激増した。
このため彦五郎は年に数回、主として農閑期に江戸から村村を巡
回する近藤周助を迎い入れ、剣術の修業に励んだ。

慶応2年(1866)11月自宅長屋の一角を道場に改造し、門人に開放
する。この日の稽古初めには宿方や近村から100名程の出席者が
あり、稽古後酒で饗応したと言われている。・・・図録「日野宿本陣」
当時の多摩地域は農民達が剣術を修行する村々が多かったが特別
な道場は無く農家の広い庭や物置を片づけて行う程度で、昼夜天
候に左右されない道場として画期的なものであった。
近隣の入門者が集まり、「佐藤道場」として名声を高め、江川太郎左
衛門にもその存在を知られる程にもなった。
道場は現在駐車場となっている甲州街道に面した一角にあったが、
大正15年の大火で炎上してしまい、母屋に通じる門塀が当時を物語る
唯一残されたものである。
現在改修され、僅か
柱部分が残され、その
他は館内で展示されて
いる
日野宿名主 、下佐藤と言われる佐藤家の住まい。幕末の当主佐藤彦五郎は約10年かけてその屋敷を改築し、
文久3年(1863)に完成し、翌元治元年(1864)から住み始めている。
敷地面積約700坪、母屋の床面積約100坪という名主屋敷である。
日野市指定有形文化財「日野宿本陣」として大きな看板が立てられた。
今まで遠回しに建屋の外側から眺めていたが遂にそのベールを剥がさ
れ2004年1月より、幕末フアン悲願の一般公開された。
その後、2010年「日野宿脇本陣跡」として東京都指定有形文化財に指定
された。日野宿本陣は都内に現存する唯一の本陣であり、幕末の姿をその
ままに今日に伝える、一級品の文化遺産である。

建物はもとより、名主である佐藤彦五郎の武術を学び、新選組として活躍
した若者たちが、此処を拠点に羽ばたいていった。
天然理心流佐藤道場之碑
トップヘ 次へ>>
□表門(改修前の姿)