トップヘ 次へ>>
杉並区の永福町駅前の商店街を大宮公園に向かうと、通りに面して大圓寺がある。
輩が住んでいた杉並から離れ、旧南多摩郡に移り住んで、しまい完全に多摩人になってしまった。
盆と正月には実家の杉並に帰る。その杉並もかっては江戸市中から離れ、耕作地が殆どの豊多摩郡で、幕末に
関わる大きな歴史とは無縁と思っていたた。
近くの大宮神社は、参拝で訪れる人波で、結構賑わいを見せている。その大宮神社から、永福町通りに面した所
に大圓寺がある。特別な繋がりも無く、何処でもあるお寺の存在であったが、寺の永福町通り側に小さな案内板
に戊辰役で亡くなった多くの薩摩藩の墓と、その中に益満休之助の名前があることに、驚いてしまった。
元より、幕末には無縁の時には案内板には感心も無かったので、その前を何度か通っているが、見過ごしていた。
偶然その案内板に、益満の名前を見て、正に衝撃的な出会いであった。

益満は幕末に登場する一薩摩藩士で、歴史の檜舞台に登場する大物では無いが、波乱に満ちた生涯に特別な
想いで見てきた一人であった。幕末から維新の激動にかけ、生涯未解明な部分が多く、謎めいた人物である。
輩が今まで辿ってきた歴史散策の中で、僅かな情報の益満の軌跡と重ね併せて、千変万化の生涯を辿って見
たい。
幕末に登場する益満は決して主役ではないが、関わる事件に当サイトでも、紹介している。一部記事が重複も
するが、益満の括りで改めて纏めてみた。
波乱の生涯「益満休之助」