4.夜の島原
1)京舞見物
夕方、京都駅から、観光バスの座席に納まって、いよいよ夜の観光コースへ
一路「八坂会館」へ向かう 。
昔の舞子さんは12〜13歳で定年を迎えたそうだが「うちは な〜んにも知り
まへん。お姉さんにきいておくれやす。」
というあどけなく、かわいらしい舞子さんだったそうであったが、今はほんの
りお色気の漂う美しい舞子さんになったとか(以上 ガイドさん談)

初めて舞子さんを直に見るが、 舞子さんがきれいなこと、年齢が17と18歳と
いうからびっくりした。
帯がだらーんと後ろに垂れていて、これは専門の男子衆が結んでいるそう
である。
その後は知恩院の前で軽く、食事を頂き、この時期限定のライトアップが
行われてた「知恩院の山門」を見物する。
暗闇の中、 眩くばかりに照らされたその姿に目を奪われ、日本最大と言わ
れる、その規模の大きさに驚かされる。
2)島原の太夫の鑑賞
「西陣織会館」は天皇皇后両陛下も、ご来場されたことがあるそうで、あっちこっちに貼られた写真が
由緒ある場所であることを強調していた。
舞台となるホールはかなり大きさで あったが 、ツアーの客は30名程なのでちょっと寂しい感じがしたが、
人数が少ないのをいいことに、最前線に陣取ってのまさしくかぶりつきの鑑賞であった。
(1)”かしの式”
登場人物が主役の太夫、小さな女の子の禿、介添えの引舟の三名で構成する ”かしの式”である。
よくわからなかったが、介添えの引舟が京都弁(か、花街の言葉か?)で 『こちらのお方は○○太夫なり〜』
と名乗りを挙げる式のようであった。
この間、太夫は無論一言も喋らずに 、鎮座したままであった。
因みに今回の太夫は司(つかさ)太夫というお名前だそうで、他にも現在4人の太夫が島原の「輪違屋」に
席を置いているとのこと。
(2)太夫の紹介
京舞の舞子はかつらであるが、太夫は自毛を結い上げおり、
その長い年月で大事に育てあげただろう豊かな黒髪に凄く豪華
な簪(かんざし)をつけた頭はそれだけで、3kgの重さがあるようだ。
太夫の着ている着物は、美しい織りであるが、着物自体に厚みがあり、
綿でも縫い込まれていると思われるが、それを3〜4枚重ね、
衣装総ての重さで30kgもあり、冬も夏も変わらないようで、暑い夏は
想像を絶する位に本当につらいようである。
帯は無論、前に華やかに結ばれていて、年中裸足だとか。
高貴な女性としてお歯黒もされているようであるが、残念ながら口元が
ほころぶことがなく、確認することはできなかった。
(3)お点前
太夫は裏千家を納めているそうで、さすがに茶釜と柄杓は出てこなかった
が土瓶に入れたお湯を淀みなく、サッとお茶を立て、お茶とお菓子は禿に
よって、お客に運ばれた。
このお点前の儀式に感服したが、回りを見ると、このツアーはおじさん、
おばさんばっかりの集団で、何となく、自分自身が浮いているような複雑
な気分でもあった。
(4)太夫道中
禿を先頭に、介添えの引舟が提灯で太夫さんの足下を照らし、太夫は真直ぐ前を見据え、禿と太夫が
内八文字をふんで威風堂々と練り歩く 。
実際は、花を乗っけた大八車があったり、何人もの禿を従え、その道中の姿はきらびやかで華美で
あったようである。
禿の後ろには司太夫という縫い取りがしてあって、どの太夫に従っているのか一目でわかるようになっている。
太夫のはいてる下駄は今で言う"ぽっくり"みたいな高いものを裸足ではいていたが 、目は正面を見据えて歩く
ので、提灯なんて何の役にもたたなさそうであり、昔の面影たっぷりで、新選組の
隊仕らも、この雰囲気の中、日々の緊張を癒したことが充分想像できる。
(5)置屋と揚屋について
島原には太夫などが住んでいる置屋と(置いておく)お客様が来る揚屋(お客を揚げる)に別れていて、
代表的な揚屋が「角屋」、置屋が「輪違屋」である。
因みに太夫道中とは置屋から揚屋へ、太夫が練り歩くものであるが、太夫道中の準備中に、スライドで
島原の紹介があり「輪違屋」には近藤勇の書いた屏風が残っているとのスライドに、思わず息の根を止めて、
凝視してしまった。
(6)島原の乱とは
昔は六条三筋町(現東本願寺の北側)にあったそうであったが、ある人がごひいきの太夫に身分の高い女性
のみが乗れる籠に乗りたいとせがまれたところ、「よしよし、かわいいそちのたのみじゃ」とお許しになった。
しかし、その籠を乗り回していたところ、不審に思ったお奉行様が見咎めて「どなたのお籠か?」
と質問 したところ、遊女とばれてさあ大変なことになった。
切れた奉行様が、即刻その場を立ち退けと命令を出し、遊廓は上を下への大騒ぎになった 。
その有り様が前年に起こった島原の乱に似ていたことから、島原と名付けられたそうである。
<<戻る 次へ>>