黒谷 金戒光明寺

黒谷 金戒光明寺の全景

金戒光明寺は承安5年(1751)、法然善上人が教えを広めるために比叡山から降りて最初に草庵を結んだ場所
である。当地に光を照らしたことから金戒光明と言う名前が生まれている。
歴代天皇が居住する御所や東海道の起点である粟田口に近くにあり、京の東の厳しい崖と言う地形的な背景
から、幕府は京に事が起きた時に備えるための城塞とした。
幕末期、会津松平家の武士集団が此処を本陣とし、新選組と共に攘夷のテロ活動で吹き荒れる京の街を護った。
広くて奥の深い寺域の黒谷、金戒光明寺で彼らの残した痕跡を追ってみた。
トップヘ  次へ>>