桂福寺
トップへ 次へ>>
治龍山桂福寺は寛永2年(1625)に八王子から北5q程の寒村戸吹村(現八王子市戸吹町)に開基された。徳川幕府
から朱印を賜り、幕府と関係が深いお寺の一つであることが判る。
現在の境内の西側に「桂堂」と言う庵があり、開基にその「桂」と「福村」の「福」を取って桂福寺と名付けられた。
この付近は北条、武田の滅亡後の武士の子孫が多く、土着し農業や養蚕に従事していたが、剣道の盛んなところで
あった。
幕府は江戸城を控え、甲州街道の防御の拠点として八王子を直轄領にし、治安維持すること、併せ日光東照宮の常
駐警備の任務に就かせる必要があった。その任に八王子千人隊を組織し、前述の北条、武田の旧武士達を主体に就
かせた。戸吹から、千人隊に入隊する者が多かった。一方では夜盗など荒れる治安に備え、自衛の手段として若者は
剣の道に励むことが多く、名主の家では道場も備えていた。
そんな場所柄、戸吹では剣術が流行った背景があった。


◇剣術の流行った戸吹
天然理心流は近藤内蔵之助によって創始された武術の一流派である。
初代内蔵之助の道場は両国薬研(やげん)堀にあったが、出稽古に歩き、門人を増やしていった、一つが、武州八王子
戸吹村(現八王子市戸吹町)であった。坂本家は武田氏滅亡時に一族と共に住み着き、代々名主を勤めた。内蔵之助が
戸吹に訪れた時に七代目坂本戸右衛門の20歳の長男三助が非凡な才覚を見いだされ、薬研堀の道場に向かい内蔵
之助の門人として数年間修行する。
三助は後に天然理心流宗家二代目を引き継ぎ『近藤三助』を名乗り、自宅に道場を開いた。内蔵之助に同伴し、出
稽古に廻り飛躍的に門人を増やした。桂福寺内の近藤処士碑によると三助の門人は1500名余りを数える。
千人同心や新選組の武州多摩地域に広まった一剣術剣の原点である、天然理心流の聖地として八王子市の郊外、
戸吹町の桂福寺が知られている。その史跡である桂福寺を尋ねて見た。
◇天然理心流の聖地
鐘楼山門
観音堂
豊川稲荷堂