歳三の遺命をもって市村鉄之介来訪する
歳三が一本木関門を通過したとき敵の銃弾1発で歳三は倒れ「勝っちゃん」の一声で近藤勇の元へ行く。
大河ドラマフアンの後押しもあって「新選組!! 土方歳三 最期の一日」が2006年正月に放映され
歳三の終焉でようやく新選組も名実共に終わった。
土方歳三に託された、市村鉄之介が多摩に向かって、北の大地を駆け抜けて行くシーンは実にドラマチックな
終焉のシーンでもあった。
その後の鉄之介が土方の遺命を受けて多摩に辿りついた姿を舞台となった佐藤家(日野宿本陣)と佐藤家に残
された文書から、その残像を追ってみた。
◇怪しき男庭に立つ
乞食小僧の子細ありげな物腰に案内した中庭。
彦五郎は此処で乞食小僧と会い、小僧の差し出す
携帯物を見てあっと驚く。
慶応2年(1869)に外国船に乗った市村は佐藤家へ
訪れている。
その日の、夕暮れ時であった。
手拭い被り、破れた古着を着た乞食小僧が、軒に立ち
家の中の様子を伺っていた。
これ間者(まわしもの)と見て押し出し、不礼者と叱り付けても
中々退去しなかった。
果ては台所へ来て、御家の人に逢いたいと懐中を探り、
古胴より写真と小切紙を差し出す。
下女取り次ぎ、彦五郎はそれを見て、驚き、その乞食を
中庭にに廻し、子細は後にて聞き取るので、風呂に入る
ことを命じて、着替えと帯を与える。


写真はその乞食小僧がウロウロしていた彦五郎宅の北側
トップへ 次へ>>