平成18年(第9回)
ひの 新選組まつり
今年も新選組が街を練り歩く。
立日橋側のスポーツ公園から旗揚げした一大行列が甲州街道を
西下し、旧日野宿の一番賑やかな日野宿本陣を通過する。
何時も激しく行き交う甲州街道も片側車両制限し、年に一度の
新選組隊士を中心にした仮装行列が隊列を組み、堂々の行進を
行う。
ダンダラ模様の新選組の隊服に身を固め、頭から鎖帷子(くさびか
たびら)を被り、額には鉢金をつけ、槍刀を持ちそれぞれ戦闘体制
に身を包んだ「土方歳三」「沖田総司」「井上源三郎」になりきり、恰
好良い姿で練り歩く
数年前は産業祭の一部で始めた、新選組パレードも、このように全
国から集まり、多くのフアンに下支えながら新選組まつりとして成長
してきた。
しかし、メインとなるパレードも甲州街道を延々と続く行列に、街道を
見回すと、豪華な衣装で隊列を組むパレード隊は昨年にまして増え
ているようだが、そのパレード隊に対して沿道に見送る人がちょっと
寂しい限りである。
折角の交通要路を止め、この大行列にかけたが、おやと思うほど人影
が少ない。
沿道に溢れる位の人並みが、人垣を作り、大勢の人から見守られる中
でのパレードあればと思うが、何となく寂しい街道であった。
当日は土方歳三役 でフアンを増やした山本耕史がやってくる。
何はともかく、その姿を先回りして追っかけ、メイン会場に流れてしまった
のであろうか。
まあ、ともかく、今年もその姿を追っかけて見よう
パレードに連動し、高幡不動駅前、スポーツ公園、甲州街道、そしてメイン
会場に当たる 市役所前でその姿を追っかけてみた。
トップヘ 次へ>>