ひの 新選組まつり
平成17年(第8回)
高幡不動で集結した パレード部隊が満を持したようにスタートを切った。
何時もは激しく車が往来する高幡不動駅前の広場も、車の蔭も無くなり、パレードを待つ観客が広場の周囲を取り囲む。
「新選組と出会った人々」看板を持つガールスカウトのお嬢さんの足どりも軽く、先陣を歩む。
「出会った人々?」はてさて今年は誰がその役回りになるのであろう?。
「おっ!!その姿は幕府典医頭 松本良順先生では有らぬか?」
医者として彼らの治癒に尽力され、新選組を支え、この人の手にゆだねられ、世話になった隊士は沢山居た。
京を発ち、竹田街道、墨染で御陵衛士の残党から肩に銃弾を食らった近藤勇。
宇都宮戦争で官軍との戦いで足に銃弾を食らった土方歳三。
労咳に苦しむ沖田総司や鳥羽伏見で負傷しも江戸で迎えられた多くの隊士達等々が、病気や怪我でこの人に
世話になった。

医者としての良順先生は有名ではあるが、此処日野の高幡不動でも、忘れてはならない大事な足跡がある。
明治以降に建てられた近藤勇、土方歳三を讃えた「殉節両雄の碑の書」は近藤、土方の良き理解者であった
松本良順先生のものである。
その旅姿は恐らく、東北路の会津をを負傷した土方等と帯同する姿を思い起こすが、ちょっとお疲れのようですな(笑い)
その背後から、さっそうと追うのは坂本竜馬?
はるばる四国高知から江戸に修行をやってきて、「北辰一刀流刀兵法」を伝授され、土佐に帰国する。
突如の江戸湾の黒船来航に国内が揺れ動く中で、道場では天下国家を論じ合い、一剣豪から藩の枠を
越え、日本の将来を画策する、竜馬の志が育っていく。
四国を出て、長州、九州を巡歴し大阪、そして江戸に国内を縦横無尽に駆けめぐるさっそうとした竜馬の姿
は、自由を追い求める若者の輝きがあった。
新選組と竜馬の出会い、従来の殻を破った青春ドラマの一頁なのかも知れない。
トップヘ 次へ>>